眼鏡よりコンタクトやカラコンは乱視の人には良い。

眼鏡よりコンタクトやカラコンは乱視の人には良い。

若い子達のファッションにカラコンや着けまつげは
当たりまえの日本のファッション事情ですが、
多種多様の人種がいるアメリカではほとんど需要がないとのこと。
コンタクトで思い出したのですが、
先日コンタクトも扱うメガネ屋の友人と話をしていたのですが、
眼鏡をかけるよりもコンタクトやカラコンの方が、乱視が酷い人にはオススメなんだそう。
乱視は目のレンズの働きをする部分がゆがんでいるため焦点が合わない状態、
この歪みを眼鏡のレンズで補うよりもコンタクトのほうが
涙がコンタクトと歪みを埋めるために、疲れの負担が少ないそうです。

キャンパスライフにはサッカーでもラグビーでもなく野球ユニフォーム。

普段着にアメリカの野球ユニフォームを着るだけで、
なんだか一気にアメリカ人の仲間入りした気になってきます。
アメリカのスクールドラマとかのキャンパスライフでも絶対一人は
上が野球ユニフォームの子がいますよね。
大抵こういう人はロッカー前で合流してきてロッカーに手をつきながら話始めるんですよね。
なんかそんなシーンばかりを集めた動画を誰か作ってくれないかなー。
すごく見たい気がします。
もちろん自分ではそんな時間をつかって作りたくないというひどい我が儘ぶりなんですけど。
兎に角、アメリカキャンパスライフにはサッカーでもラグビーでもなく野球ユニフォームです。