アメリカでも、メンズリングでブラックダイヤモンドとかだとさすがに少し目立ちますよね。

アメリカでも、メンズリングでブラックダイヤモンドとかだとさすがに少し目立ちますよね。

日本で金の大きいネックレスを高校生がしていたら、
完全にヤンキーか頭がヤバそうな子ですが、アメリカでは意外に結構います。
そもそもブラックミュージックやラップが本場の国ですから、
これらの格好に抵抗がないということが大きいですよね。
日本は和音が基盤みたいなとこありますから、相反してますからねー。
そんなアメリカでも、メンズリングでブラックダイヤモンドとかだとさすがに少し目立ちますよね。
あ、ブラックダイヤモンドっていっても、マグロやレアなオオクワガタの比喩ではありませんよ。
それだったら、少しどころかメチャ目立ちますね。

手形割引は埼玉でも少し調べれば簡単に。

アメリカのスクールでは、早くから株の取引などマネーマネジメントの勉強がされます。
日本ではお金を必要以上に稼ぐことがあまり美徳に思われない歴史などから
学校教育として行われていませんが、世界情勢を思うに英語を学ぶ以上に、
アメリカのように早くからマネーマネジメントを学ぶことは、
これからの実社会での知識として必要なのは確実でしょう。
あまり縁のない方だと手形割引と聞くと、
東京や所定の場所でないとできないように思われるかもしれませんが、
手形割引は埼玉でも少し調べれば簡単にできることがわかります。
まあ、手形以前に日本がもっと会社設立をしやすい環境に整えて欲しいのが本音ですけど。

展示会装飾みたいに、部屋を飾りたい。

展示会装飾ってすっきりしているので、重要な部分はしっかりしているじゃないですか、
私の部屋もそんな感じにしたいなって思います。
今、部屋ってごちゃってなっていて、なにか重要なんだか目的を忘れた部屋に・・・。
ポスターとか写真もちゃんと飾りたいけどどうしていいのかわからずにごちゃって・・・
ほんともうごちゃごちゃです(苦笑)
見せるスペースの見本として展示会ブースに装飾ってものすごく憧れるんですよね。

スクラブも医療服ですけど、そろそろニューパンクあたりに。

日本のランドセルがニューヨーカーの間で流行していると賑わっていますね。
セレブから、もちろん学生まで背負っていると聞きましたが、ここでちょっと待てよ、と。
学生が背負っているのは当たり前じゃないか、と。
しかし、学生は学生でも高校生も背負っているんですよね~。
一見すると、めちゃ成長期が早い小学生の気もしなくもないですけど。
意外なものがファッションになるのは、実はランドセルに限りません。
セックスピストルズの影響で医療服もパンクファッションとなった例もあります。
スクラブも医療服ですけど、そろそろニューパンクあたりに取り入れられませんかね。
ランドセルとともに。

眼鏡よりコンタクトやカラコンは乱視の人には良い。

若い子達のファッションにカラコンや着けまつげは
当たりまえの日本のファッション事情ですが、
多種多様の人種がいるアメリカではほとんど需要がないとのこと。
コンタクトで思い出したのですが、
先日コンタクトも扱うメガネ屋の友人と話をしていたのですが、
眼鏡をかけるよりもコンタクトやカラコンの方が、乱視が酷い人にはオススメなんだそう。
乱視は目のレンズの働きをする部分がゆがんでいるため焦点が合わない状態、
この歪みを眼鏡のレンズで補うよりもコンタクトのほうが
涙がコンタクトと歪みを埋めるために、疲れの負担が少ないそうです。

キャンパスライフにはサッカーでもラグビーでもなく野球ユニフォーム。

普段着にアメリカの野球ユニフォームを着るだけで、
なんだか一気にアメリカ人の仲間入りした気になってきます。
アメリカのスクールドラマとかのキャンパスライフでも絶対一人は
上が野球ユニフォームの子がいますよね。
大抵こういう人はロッカー前で合流してきてロッカーに手をつきながら話始めるんですよね。
なんかそんなシーンばかりを集めた動画を誰か作ってくれないかなー。
すごく見たい気がします。
もちろん自分ではそんな時間をつかって作りたくないというひどい我が儘ぶりなんですけど。
兎に角、アメリカキャンパスライフにはサッカーでもラグビーでもなく野球ユニフォームです。